運営者情報
  HOME
 

メルマガ購読・解除
 
  ファンダメンタル分析の経済指標例
TOP >> 分析方法>> ファンダメンタル分析の経済指標例
値動きを予想するならローソク足が最適

ファンダメンタル分析を行うには、数多くの指標や、それらの相互関係なども分析する必要があり、 経済評論家などの専門家でも困難を極めるものでもあります。

しかし、100%分析をしなくてもいいのです。
情報をできるだけでいいので集め、自分なりの分析をしていくことによって、為替の動きが少しでも読みやすくなるだけでFXの利用は大きく変わります。

ここでは、世界の主な経済指標例を紹介しますので、あなたの分析の参考にして下さい。

代表的な経済に関する指標 失業率
その国の雇用状況により、経済状況や制作ないようを読むことができます。
貿易収支
最重要指数のひとつとされ、その国の国際的な経済が反映されている指数になります。
国内総生産
一般的に「GDP」と呼ぶ指数で、経済全般の動向を知ることができます。
住宅着工件数
その国の住宅着工件数を示した指数で、着工数が多いと景気の拡大に繋がるとされています。
対米証券投資
アメリカに流れる資本の額を表した指数で、アメリカの経済流通の目安になります。特に貿易赤字がカバーされているかが重要だとされています。
消費者物価指数
一般の消費者が購入する商品などの価格変動を示した指数です。
消費者信頼感指数
経済の雇用に関して消費者にアンケートを行って算出している指数です。個人投資やGDPとの相関性が強いと言われています。
企業短期経済観測調査
日本銀行から発表される指数で、民間企業1万社に対して景況感や設備投資計画などをアンケート集計したものです。日本経済状況が把握できる信頼性の強い指標だといわれています。

  

日本 ・日銀金融政策決定会合(月2回 15:30頃発表)
・経済収支、貿易収支(毎月10日頃 8:50発表)

アメリカ ・FOMC(年8回 4:15発表)
・雇用統計(毎週第1金曜 22:30発表)

ユーロ圏 ・ECB理事会(毎月 21:45発表)
・失業率(毎月第1週 19:00発表)

イギリス ・BOE政策金利(毎月上旬 21:00発表)
・貿易収支(毎月15日頃 18:30発表)

 

これはあくまでも予定ですので、ファンダメンタル分析のために詳細を知るには、日頃の情報収集が必要となります。




メルマガ購読・解除
 
FXで勝つために必要な経済指標と注目ポイントを毎日配信しています。 重要度を示した当日の経済指標スケジュールはもちろん、前日の経済指標の結果、その影響による値動きなどもまとめられていて、一日の取引の参考にしたいメルマガです。

注文方法 エントリー一覧
ファンダメンタル分析の経済指標例