運営者情報
  HOME
 

メルマガ購読・解除
 
  指値注文
TOP >> 注文方法 >> 指値注文
自分が注文したい値段を設定、あとはおまかせ

売買の値段をあらかじめ設定しておいて、取引にのぞむ注文方法のことを『指値注文:リミットオーダー』と呼びます。
自分が買いたい、または売りたいと思うレートをあらかじめ設定しておくことで、注文後にそのレートが一致した瞬間に取引が約定します。

現在のレートよりか安く買いたいとき、または高く売りたいときによく用いられる方法で、成行注文とともに基本的な注文方法のひとつです。

FXの基本は、「安く買って、高く売る」もしくは「高く売って、安く買う」が大前提なので、この基本にそって、買うときは現時点のレート安く、売るときは現時点のレートより高くせっていることが可能です。
あたりまえのことですが、現時点のレートより高く買おうとしたり、反対に安く売ろうとする設定はできないようになっています。

確実に設定した金額で売買を行うために、成行注文のデメリットでもあったタイムラグによるレートのズレはこの指値注文では存在しません。
ですから、資産管理や算出がとてもしやすくなっていて、自分の思った通りの取引を行うことができます。

しかし、いいことばかりではなく指定した金額で必ず約定をするということは、レートが設定したラインまであと一歩のところで急激に低下したりしても対処してくれません。そのまま下がり続けてロスカットされているかもしれない。なんて可能性もないとはいいきれません。
逆に急激にレートが上昇している美味しい状況が続いているにも関わらず、指定レートで決済されてしまうので、少しもったいないような感覚にもなります。

ただ、欲を出しすぎずレートの動きをよく読んだ上で、着実な取引を行う分には確実に現時点のレートよりも良い方向に動かせられるようになるので、利用しない手はありません。

 
注文方法 エントリー一覧