運営者情報
  HOME
 

メルマガ購読・解除
 
  投資の種類
TOP >> FXを知る基礎用語>> 投資の種類
投資の方法と手段

投資といってもいくつかの種類と方法が存在します。

どの種類の投資も資金を投資先に預け、将来のある時点で投資した資金よりも多くの金額が投資家に戻ってくることを期待するものですが、種類によってそのシステムは大きく違います。

しかし、リスクとリターンが裏返。きちんとした知識を身につけなければ、“投資”と思っていても単なる“浪費”になっていることもあるかも知れません。

かといって、基本さえ身につければ難しいものではなく、現代では“投資”は普通に生活していくためにも必要なものにもなってきていて、投資を自分や家族の家計計画に組み入れるのは特別なことではなくなってきています。

自分の気になる投資方法があれば挑戦してみると、きっと将来自分に良い形のリターンとして戻ってくるでしょう。

以下が、“投資”の種類です。

■ 株式(国内株・外国株)
企業が一般投資家から資金を集めるために発行するもので、企業の業績などに伴って配当金が分配される。
株価が値上がりした時点で、売却し利益を獲得することも可能。

■ 債権(個人向け・国債)
国や企業が投資家からお金を借りて、時期ごとに利息付きで支払われる。
最終期限が事前に定められているので、その時期が来ると全額返済される。
株価の上昇や、レートの変動といったものがないため、受取額が最初から明確化されているのが特徴です。

■ 投資信託
投資の専門家が一般投資家から資金を募って“ファンド”と呼ばれる基金を作り、株式市場などで運用し利益が出た場合利益が分配される。
多くの投資家から資金を集めるため、ダイナミックで効率的な投資方法として人気が高い。

■ 外貨預金
低金利の日本円以外の通貨で預金を行い、高金利を目指す。
レートの変動によって元金割れするリスクもあるので注意が必要。

■ 外国為替証拠金取引(FX)
一定額の証拠金を担保に、その何十倍もの通貨を売買して、為替差益の獲得目指す取引。
当サイトの中でメインとして紹介している投資方法です。

一般的な投資方法の基本は、どれも安く買って、高く売るというのが基本となっています。
興味と最初の若干の資金があれば、誰でもできますから当サイトに目を通していただいたのをきっかけに、少しでも興味を持って頂けたら幸いです。

 
FXを知る基礎用語 一覧